Balancing

ホルモンバランス

Balancing

〜 絶妙なハーモニー 〜

HOME

5 バランスコントロール

 

 風邪を引かないように気をつけ、熱が37度になったらコートリル(副腎皮質ホルモン用薬)を0.5錠追加、38度になったら1錠追加するように私は医師の指示を受けている。発熱時は副腎皮質ホルモンがより多く必要になるという。

 術前の異常な症状、そして退院後や4年後に著しく機能低下した体験で、私はホルモンバランスの微妙さを痛感した。

 

 下垂体機能不全とはいえ私の場合は投薬で補うことが出来る。私は現在、コートリル(副腎皮質ホルモン用薬)とチラージンS(甲状腺ホルモン用薬)を毎日服用してホルモンバランスを保っている。

HOME
奇跡の生還 ホルモンバランス
卒中に至る兆候 ミネラルバランス
ホルモンマジック 快適なお風呂で・・
病棟ライフ おいしい食事で・・
人々のご意見 弱アルカリ性に・・
   
   

プロフィール

プロフィール

メール(連絡先)

メール(連絡先)

 継続的に受診して適正な処方を守れば大丈夫だ。「あと何年仕事しますか、ではそれまで保証します」と主治医の心強い言葉をいただいた。処方を守り続けよう。

 

 残念ながら、04年アテネオリンピックでもドーピング違反があった。ドーピング暦のあるかつてのスーパー・アスリートが著しく体調を崩したという報道に接した方もいらっしゃるだろう。ドーピング剤も一種のホルモン剤のようであり、筋肉増強の反面では著しくホルモンバランスを崩した結果のようだ。

 

 退院後しばらく経った頃、薬づけを避けて自己回復力を高めようと自己判断で投薬量を減らして主治医にきつく注意された経験が私にはある。若返りや美容効果をうたったホルモン剤などを素人判断で容易に用いるのは大変危険だと考える。

 

 微妙なホルモンバランス故に決して素人判断せず、専門医の処方に従うことをお勧めしたい。

 

INDEX ↓     戻る


目次 1 2 3 4 5


Copyright © 2001-2005 Recovery-net. All rights reserved