Balancing

ミネラルバランス

Balancing

〜 自然のめぐみ 〜

次ページ>>

HOME

5 バランス調整で120歳も可能

 

 平均寿命80数歳の今日、それをはるかに超える120歳まで可能であると中嶋常允先生は主張される。

 一説によると哺乳類の最高寿命は成長期の約7倍であり、人間の成長期が17〜20歳とすると120〜140歳が寿命になるという。

 

 にわかには信じがたいが、中嶋常允先生は50年間の研究指導経験から、ミネラルバランスが良ければそれも可能だと主張される。

 ミネラルバランスが良いと病気に侵されることが少なくなり、新陳代謝が活発になる。ミネラルバランスの良い土壌で健全に育った作物を食することで健康に生きるエネルギーが生まれるそうだ。

HOME
奇跡の生還 ホルモンバランス
卒中に至る兆候 ミネラルバランス
ホルモンマジック 快適なお風呂で・・
病棟ライフ おいしい食事で・・
人々のご意見 弱アルカリ性に・・
   
   

プロフィール

プロフィール

メール(連絡先)

メール(連絡先)

 

 ミネラルバランスの良い食生活を実践されている80歳代の中嶋常允先生は、足腰が痛むこともなく、内臓もいたって丈夫で老人病とは全く無縁、老いるどころか記憶力が増している。健康体力診断によると総合体力評価は60歳代で、2日間人間ドックの結果のほとんどがAかB評価で80歳代にしては驚異的とのコメントがつくそうだ。

 それは体内のミネラル、ビタミンの備蓄量があるからだと主張される。

 (以上、中嶋常允著「食べ物で若返り、元気で百歳」2000年地湧社刊より)

 

 信じがたい人も多いだろうが、様々な実績を振り返ると、120歳説も捨てがたい。

 

INDEX ↓       次へ


目次 1 2 3 4 5 6 7


Copyright © 2001-2005 Recovery-net. All rights reserved