メールで寄せられた感想ご意見

皆様ありがとうございます

次ページ>>

HOME

 ▼ 男性の方

 一気に拝見させていただきました。その時の状況が手にとるようにわかり、ドキドキしました。本当に奇跡としかいいようのないことですね。

 

 ▼ 男性の方

 本当に大変でしたね。驚きました。あなたの判断力が100%良かったのではないでしょうか。実は私も5年前交通事故で生死の境をさ迷いました。事故後三日間程意識が無く事故に遭った事すら記憶にありませんでした。意識が回復した後、病院の先生は「後頭部が半分割れて生きているのが不思議なぐらいだ」と言われました。2ヶ月入院して後遺症に悩み苦しみました。左耳が聞こえない、味覚が分からない等本当に悩みました。でもこれが私の運命だと思い直し前向きに考えるようになりました。本当に病気、事故、怪我、いやですね! お互いに気を付けましょう。

HOME
奇跡の生還 ホルモンバランス
卒中に至る兆候 ミネラルバランス
ホルモンマジック 快適なお風呂で・・
病棟ライフ おいしい食事で・・
人々のご意見 弱アルカリ性に・・
   
   

プロフィール

プロフィール

メール(連絡先)

メール(連絡先)

 ▼ 男性の方

 先日わたくしの会社の方が亡くなられました。Hさんとしておきます。別に暗い話題を書こうとしているのじゃありません。仕事柄社内訃報の連絡等をしておりました。Hさんは社内で数少ないわたくしと同郷の方で、54歳の方です。

 先週診断書で確認したのですが、わたくしの母親と同じ「解離性大動脈瘤」でした。緒方さんの経験されたこととは異なるのですが、わたくしの母親との違いを比較してみると、わたくしの母親は心筋梗塞で入院し、退院後しばらくしてからまた発作が起きました。今度は解離性大動脈瘤で、入院した病院では手術の設備が無く、搬送するにも距離がありすぎ、破裂する危険な状態での搬送はできず、指を銜えてるしかありませんでした。 それから先、危篤状態になりながらもようやく落ち着いた容体になり、あとはとんとん拍子で大阪で手術が出来、現在、運動を控えること・定期検診を受けること以外は普通の生活をしております。

 Hさんは前日まで普通に仕事をして、当日吐き気がするのでよく掛かる病院に行ったそうです。 その後大きな病院に搬送され、搬送先で動脈瘤破裂のため亡くなりました。詳しいことは分かりませんし、状態の違いもあるでしょうが、 わたくしの母親は搬送しない(出来なかった)で助かった。Hさんは搬送して亡くなった。

 単純に比較は出来ないと思いますが、病院事務(40代)さんがかかれている

「果たして患者様の状況を的確に捉え首尾良く対応が出来たかと…(医師の診断、治療も含む)」

のように医療機関においてはたとえ小さくとも的確な判断を望みます。

 

 ▼ 男性の方

 体験されたことを思うと言葉がありませんが、人を生かしめている叡智、万人万物の中にある生命のことを思います。お医者さんが声をかけて下さって本当に良かった!すばらしい方ですね。そして、その体験を多くの人と分かち合おうとされているあなたもすばらしいと思います。
 世界に不穏な動きがありますが、人と人が傷つけ殺し合うのが一日も早く解消し、人と人が互いの生命を生かし合う世界になることを切望します。でも、悲観はしていません。あなたの生命を救ったのと同一の叡智がすべての人の中にあるのですから、いずれ、そういう方向に大きく切り替わっていくことも信じています。

 

 ▼ 男性の方

 大変な経験されたのですね。私が同じ経験したとすれば、命はいくつあっても生きていないと思われます。確かに色々なめぐり合わせで助けられたことがあったのかもしれませんが、貴方の生きると言う信念が成せたことではないかと、感心しています。私の周りでも、緊急医療、在宅医療等々の関連事業に従事している者等居ますので、ホームページを紹介します。

▲ページ先頭へ


INDEX ↓  次へ


1 2 3


Copyright © 2001-2005 Recovery-net. All rights reserved