Uncontrollable

ミラクル 〜奇跡の生還〜

Uncontrollable

Chapter 2 生還を支えたミラクル7

次ページ>>

HOME

2-3 神の使者となった友人 〜ミラクルB

 

 帰省をあきらめた私は久しぶりに友人と電話で語り合った。「検診結果はどうだった。では入院前に温泉にでも行くか。薬を持ってこいよ…」と、1日だけの骨休めを取り決めた。

 

 都合がつかない別の友人は「温泉に行っても大丈夫なのか」と私の状況を心配してくれたが、「先生も仕事を整理してからの入院を許可してもらったから大丈夫だよ」と私自身それほど深刻には考えていなかったのも事実である。

 5月3日、朝食時に血糖降下剤を飲み、念のために処方の頭痛薬を持って箱根・宮ノ下温泉に日帰り湯治に出かけた。

HOME
奇跡の生還 ホルモンバランス
卒中に至る兆候 ミネラルバランス
ホルモンマジック 快適なお風呂で・・
病棟ライフ おいしい食事で・・
人々のご意見 弱アルカリ性に・・
   
   

プロフィール

プロフィール

メール(連絡先)

メール(連絡先)

  もし友人と一休みすることなく一人で仕事している時に発作が起きたらどうなっていたであろうか。おそらく、一人で我慢しているうちに昏睡状態となって孤独死に至ったであろう。

 不幸中の幸いとはこのことである。私にとって彼らは神の使者となった。

 

INDEX ↓               次へ


 目次 11 12 13 14 15 21 22 23 24 25 26 27 31 32 33 34 35


Copyright © 2001-2005 Recovery-net. All rights reserved