Uncontrollable

病棟ライフ

Uncontrollable

〜脳神経外科〜

HOME

6 すばらしい顔施薬

 

 あまりにもドラマチックな入院を聞いて、親戚や友人そして仕事先の方まで見舞っていただいた。なかでも仕事先には、仕事を中断せざるを得なかったのに実にありがたいご配慮をいただいて感謝しきりであった。

 

 見舞い客のほとんどの方は私の手術痕を知らない。鼻のガーゼが取れた後は外見的には手術の痕跡が全くみられないのである。それが見舞い客を驚かすことになった。

 

 ほとんどの方は開頭手術の先入観で来訪されたようである。

 ある人はこれから手術するのかと思っていたらしい。また多くの人が、頭に包帯をぐるぐる巻きにした痛々しい姿を想像していたらしく、対面時にキョトンとした表情をされるのである。

HOME
奇跡の生還 ホルモンバランス
卒中に至る兆候 ミネラルバランス
ホルモンマジック 快適なお風呂で・・
病棟ライフ おいしい食事で・・
人々のご意見 弱アルカリ性に・・
   
   

プロフィール

プロフィール

メール(連絡先)

メール(連絡先)

 

 その表情をみる度に私は吹き出しそうになるのをこらえた。

 これは私にとってある種の爽快感を与えてくれた。お見舞いいただき、すばらしい“顔施薬”を下さいました皆様、本当にありがとうございました。

 

INDEX ↓     戻る


目次 1 2 3 4 5 6


Copyright © 2001-2005 Recovery-net. All rights reserved