Uncontrollable

卒中に至る兆候 

Uncontrollable

〜 あの時からそうだったのか 〜

HOME

  “いつのまにか蝕まれていた”と言うように病気の兆候は見過ごしがちである。それも“病気ではない”と診断されていればなお更である。
 しかし、振り返ってみると“そう言えばあの時そうだった”と思い当たる節が多々ある。下垂体腫瘍卒中までの私の経緯を回想すると次のようであった。

 

 最初に思い当たるのは足にむくみを感じたことである。卒中から遡ること8年くらい前で、その前年に私は胆石で胆嚢摘出手術を受けた。術後は適切な胆汁コントロールができないため、脂肪の多い食事の消化能力が低下すること、太りやすくなるので食べ過ぎないこと、などの注意を医師から受けていた。

 

 当時夕方になると足のくるぶしあたりがむくんだが、朝には元に戻る程度であったことから、胆嚢摘出のせいかなとひそかに思っていたに過ぎなかった。

HOME
奇跡の生還 ホルモンバランス
卒中に至る兆候 ミネラルバランス
ホルモンマジック 快適なお風呂で・・
病棟ライフ おいしい食事で・・
人々のご意見 弱アルカリ性に・・
   
   

プロフィール

プロフィール

メール(連絡先)

メール(連絡先)

 

 それから2年経た頃(卒中の6年前)靴が窮屈になった。昨年買った靴なのに・・・足のむくみが原因かなと思っていた。同時に両手指にもむくみを感じるようになった。なぜか帽子が窮屈になったと思ったのもこの頃からであった。

 

 民間病院で受診した私は手足のむくみを訴えた。「血液検査も尿検査も異常ない。夕方から夜にかけて足がむくんでもおかしくない。心臓を上にして直立する人間の宿命だ。病気ではない」と診断され、そんなものかと安心していた。

 

 その翌年(卒中の5年前)手足のむくみが増した。それまで履いていたスニーカーの靴底が剥がれ、ビジネスシューズも買い換えた。以前の25.0pが履けなくなり、店員が26.0p3Eを薦めて「これで自然に伸ばすしかないですね」と言った。やや窮屈だと感じながら我慢することにした。


 この頃、手のむくみも目立ってきた。こぶしを握ると何か変な感じであったし、たまにはビールグラスを持つ手が滑ることもあった。また、いびきがうるさいと言われだしたのもこの頃からである。


 これはおかしいと感じた私は胆嚢摘出手術を受けた国立病院で受診した。血液検査、尿検査、腹部エコー、心電図などの検査を行った結果、「むくみの原因で考えられるのは腎臓か心臓だがそのいずれも悪くない。病気ではない」との診断で、気休め程度の利尿剤が処方された。


 国立病院でこうだからどこに行っても同じだろうと私は他の病院での受診をあきらめてしまった。3時間も待たされるのも嫌だった。
 利尿作用を高めようと、乾燥スギナや小豆を煎じて飲むことを半年ほど続けたが効果はなかった。

 

 その2年後(卒中の3年前)起床直後に手の指先にしびれを感じることが時々あった。ひどい時には指の爪が紫色になることもあって不安が高じた。体重も増えて便秘になり、膝の裏が痒くなることがよくあった。そして以前にも増して食欲が旺盛になり“食卓のハイエナ”と我が家で呼ばれるほど成長期の子供をも上回っていた。好きだった焼酎を時として欲しくないと思うこともたまにあった。


 手足のむくみがかなり進んだ。スニーカーを買いに行ったらサイズが27.5pにまでなっていた。私には指輪の習慣がないので指がどのくらい大きくなったか不明確であるが、同窓生に手袋のような手の人と言われたのもこの頃である。手の甲の筋や血管も見えないほどむくんでいた。
 ワイシャツの首周りやウェストサイズも大きくなって、それまでのスーツも着れなくなった。

 

 ちょうどその頃、知り合った人が送ってくれた占い書をみると私が該当するところに「原因不明の病気になる」と書いてあった。その時点から10年ほど前に職場に訪れたある人が占いに詳しくて「死には至らずも首から上が原因不明の病気になる」と調べてくれたことと一致したことが妙に気になった。再度受診しようと適切な病院を知人に尋ねた。


 病気とその原因特定もできる波動機器診断を薦められ、紹介してもらった。その診療所の波動診断によると「大腸と抹消血流が悪く、その原因は虫歯治療に使ったアマルガムによる水銀の体内蓄積だ」とされ、私に合うように調整した波動水と便秘用の漢方薬を処方された。同時に隣接する歯科医を紹介してもらってアマルガムを除去して無害物質に取り換えてもらった。


 その診療所に月1回のペースでしばらく通うことにし、手足のむくみの解消を治癒目標とした。結果的に2年近く通ったが著しい効果もなく、診療医もサジをなげた格好になった。
 症状とは無関係だが左下の奥歯を抜いたのもちょうどその頃であった。

 

 その翌年(卒中の2年前)には食事の時に舌を噛むことがしばしば生じた。従来“受け口”ではなかったのになぜか受け口になった。前年に抜歯した歯科に行くと「急に歯並びが変わりましたね」と言われた。しゃべる時も舌をかむことがあり不便を感じて相談すると歯列矯正を薦められたが断った。
 この頃はまだ上記の波動機器診療所に通っていたので、隣接する歯科に相談したところ、歯列矯正の専門医に診断してもらい、説明が適切だったのでそこで歯列矯正することにした。


 1年くらいで歯列矯正が終わると聞いていたのになかなか終わらない。結果的に3年近くに及ぶことになったが、以前は受け口でなかったという私の話が信じられなかったと後日聞いた。退院後、私の病気が判明したことを告げてやっと歯科医も納得した。末端肥大症によって下顎がせり出したことを後になって私も知った。

 

 この頃から明らかに顔つきが変わったと自分でも思うようになった。鏡を見ると鼻も太くなり、むくんだ顔をみるのが嫌になり、写真も撮りたくなかった。
 手足のむくみが少し減ったように感じだしたのもこの頃であった。波動水などの効果が出てきたのかと少し喜んだのだが、診療医はその効果が出ていないとみていたようである。

 

 卒中の1年前に郷里の中学卒業35年記念同窓会に出席したとき、人相が変わったと多くの同級生に言われた。ムーンフェイス(満月様顔)で体重も著しく増加していたから、そう言われて無理もない。自分でも分かっていたのでそれを聞くのが嫌だった。

 

 いびきもうるさくなって(睡眠時無呼吸症候群)、郷里に同行した2人の息子から嫌われた。
 その年の夏から秋にかけて体重がやや減少した。尿の回数がやや増え、水分を多く採るようにもなった。甘い物が欲しくなることもよくあった。

 

 その翌年(卒中の年)の早春、就寝3時間後には決まったように足のふくらはぎにこむらがえりが起こり、それ以上眠れなくなった。のどの渇きもあり水分をたくさん採るようになった。益々甘い物が欲しくなった。
 それからしばらくして、一瞬の奇跡的出会いにつながり、検診を受けた。


 卒中の10日くらい前から酒を飲むと少し頭痛を感じてあまり飲めなくなった。愛飲家の私にとっては実になさけないことであった。その頃のある日、会合で酒を飲んだ後、頭痛を覚えた。寝てもしばらく頭痛があり、3時間くらいしか寝ることができなかった。翌朝主治医に電話で尋ねると、頭痛がよくあるのでセデスを飲めば良くなると聞いた。


 酒は良くないと判断してそれからほとんど飲まなかった。卒中の3日前(私の誕生日)に兄がワインを持ってきてくれたがちょっと口をつけただけで欲しくなかった。卒中当日もビールを少し飲んだだけであった。
 愛飲家が急に酒を飲めなくなったら要注意ですね。

 

 今だから以上の兆候を振り返れるものの、原因不明の当時は五里霧中であった。
 卒中前検診のレントゲン撮影で、足の踵の皮下組織が1.5pも厚くなっていることを聞いて驚き、まぎれもなく末端肥大症がかなり進んでいたのであるが、当時は末端肥大症という言葉すら知らない、全くの無知であった。


 卒中の2年前から少し痩せだしたと思ったのは糖尿病が進んだことによる脱水症状の一種だったようである。それはこむらがえりで確信できるが、当時はまさか自分が糖尿病になるなんて考えてもいなかった。

 


(皆様へのお願い)

 上記のように、下垂体腫瘍は専門外の医師が気づかないことが多いのです。このような兆候を周囲の人に感じたら、「こんな事例があった、念のため検診したらどうでしょうか」とお話しいただくのが親切だと思います。(できるだけ相手の立場を尊重した表現で)
 検診先は内分泌内科や脳神経外科などの専門診療科をお奨めします。


▲ページ先頭へ


HOME


Copyright © 2001-2005 Recovery-net. All rights reserved